タイガース観戦記の野球情報速報ブログです。

タイガース観戦記の野球情報速報ブログです。

タイガース観戦記

最後は、矢野がジタバタ采配で終焉。

クライマックスシリーズ。 佐藤に「送りバンド」は、ない。。。あれを見て、矢野の直接的な人間の弱さを感じる。苦しい時に、とことん追い込まれた人は、「本性」を現すもんだ。それが、あの矢野の情けない采配。。。あげくには、中野にも送りバンド。。。そ...
タイガース観戦記

北條の抜擢が勝ちになる。

クライマックスシリーズ 3戦目 「横浜2対3阪神」2番に抜擢された「北條」は、やっぱり面白い戦力だ。左腕の浜口だし全然打てない糸原は外すしかない。陽川を使いたいから、守備はレフトだろう。北條の「悪守備」に目につむるのならば、今日はセカンドの...
タイガース観戦記

大山は、「ミスタータイガース田淵」を超すのか?

タイガースの逆襲は「大山」の活躍である。カークランド、バース、金本の月間29打点で並んだみたいだ。阪神の記録は33打点が「今岡」月間ホームランは、「11本」で田淵、真弓の記録まであと1本だ。懐かしい「カークランド」が29打点を挙げていたとは...
タイガース観戦記

果たして、大山は本物か?

「ソフトバンク0ー2阪神」 福岡ドームあの日ハム戦の初戦の3連発の大逆転劇がここまで続くか?そのリトマス試験紙的な試合が今日である。福岡のビジターのゲームで強者ソフトバンク戦だ。たぶん、いや、再び、「大山」は元のように打てなくなるのかもしれ...
タイガース観戦記

「西」がここまで変身するとは思わなかった。

「巨人1ー8阪神」 東京ドーム 阪神6連勝! 東京ドームの読売戦では9年ぶりの3タテ!去年の甲子園、6月6日ソフトバンク戦だ。先発「西」の覇気のない情けないピッチングが僕に焼き付いている。打者を怖がり、かわそうとして、ボールばかり先行するの...
タイガース観戦記

大山の一発が効いた!!

「巨人2ー3阪神」 東京ドーム大山の一打席目は、ド真ん中を三遊間ヒットだった。あれは、完全な「ホームランボール」だ。まぁ、打球が上がらないから「ゴロのヒット」になってしまう。故障あけで、打てるかどうか注目だった。でも、打席での大山の構えが素...
タイガース観戦記

信じられない敗戦の真の理由。

「ヤクルト1ー0阪神」 神宮今日の打順は、昨日の勝利の流れを壊した。6番「小野寺」の起用に呆れた。こんな愚かな打線を組む阪神ベンチに、またも心がかき乱れる。歴史的低迷は、全ての禍根は、矢野自らの退任発言である。その矢野の発言を容認した「阪神...
タイガース観戦記

やっと開幕連敗が終息した。

「阪神4-0横浜」 甲子園西の制球はそれほど良くなかった。どうも変化球が乱れている。が、直球はキレがあったから幻惑できた。中盤以降は、変化球の制球も安定してきて、西らしい投球術である。2塁を踏ませず、ピンチもなかった。打線は、追加点が奪えず...
タイガース観戦記

呪われた「開幕9連敗」

「巨人9ー5阪神」 東京ドーム初回にドカーンと「4失点」で一気に敗色気配になる。この一発は、痛かった。6回表、糸井さんの2ランで3点差にした。「7回表」が、反撃の分岐点だろうと観ていた。巨人は、先発赤星の続投である。だからランナーをためて1...
タイガース観戦記

矢野が犯した開幕8連敗は球団史に残る汚点だ。

「巨人5ー4阪神」 東京ドーム とうとう、「開幕8連敗」とは酷すぎる。矢野の今季退任発言と開幕試合の大逆転負け采配の二つが重なりあい、とんでもない惨事になっている。この泥沼地獄は、阪神球団史に残る大汚点である。矢野は、責任をとって早急に辞め...
タイトルとURLをコピーしました