タイガース観戦記の野球情報速報ブログです。

タイガース観戦記の野球情報速報ブログです。

タイガース観戦記

矢野の自滅采配で連敗。

クライマックスシリーズ 連敗 甲子園昨日は、打線を見た瞬間に、敗戦を予感した。読売のエース菅野に対して、島田や木浪の一軍半をスタメンで起用する。こんな打順を組んで、どうやって菅野から点を取るつもりなのか?1番島田や6番木浪が「菅野攻略」の切...
タイガース観戦記

敗退の虎

「阪神0ー4中日」 甲子園ヤクルト戦で左腕「高橋圭二」に無得点に封じられたが、「小笠原」も同じタイプである。球威のある直球とチェンジアップを駆使し抑える。左腕のパワーピッチャーを打ち崩す戦術が何もなかった。1番から3番まで漫然と左バッターを...
タイガース観戦記

「逆転優勝」の夢が膨らむ「佐藤」のホームラン!

「広島2ー7阪神」 広島マツダスタジアム広島は快晴である。秋の爽やかな青空のもとスタジアムでのディゲーム。でも、僕は見ていて、初回からなにか硬い緊張感に包まれているのだ。というか、僕が緊張しているからそう見えてしまうのかもしれない。そう、タ...
タイガース観戦記

佐藤がベンチで小野寺を使うとは呆れる。

「阪神0ー0ヤクルト」 甲子園最終盤の重要な一戦でも打てない「小野寺」をスタメンに起用した。昨日は、まぐれで4安打の島田にも期待をかけて「1番」におく。本当ならば、一発長打に期待をするべき「佐藤」はベンチで出番なし。5回裏、無死1・2塁。矢...
タイガース観戦記

高津の采配を考える。

「阪神11ー0ヤクルト」 甲子園阪神が、こんな大量点で勝った。ヤクルトは、「塩見」、「山田」がスタメンから外れる。高津監督の采配は、そういうことなんだろう。そういう、自己見識に拘るのだろう。一方のタイガース矢野も、酷いスタメンを組んだ。お互...
タイガース観戦記

今日の敗戦で優勝は諦めた。

「阪神2ー4広島」 甲子園甲子園5連戦の始まりのゲームでペナント終戦になった。ゲームの内容については、打てなかったことに尽きる。打てないのに、打てると盲信し、スタメンに使う阪神ベンチの采配が誤っている。「外様監督」、「外様ヘッドコーチ」では...
タイガース観戦記

優勝するためのスタメンとローテーション。

残り、「8試合」勝負は、下駄を履くまで判明しないと言われるが、正直いって厳しい状況に変わらない。でも、もし残りゲームを「8戦全勝」したら、大逆転優勝があるだろう。そんな夢想を描く奇跡的達成と、骨身にしみる敗北感(こっちの方が現実的かもしれな...
タイガース観戦記

「板山」のタイムリーに感涙。

「巨人0ー3阪神」 東京ドーム4回表、「一死1・3塁」の好機で4番マルテの打席である。ショートフライを打ち上げてしまう。糸原もセカンドゴロに倒れ得点機を逃してしまう。小兵集団で固めた阪神スタメンの打力と、ゲームの流れから鑑みると、このチャン...
タイガース観戦記

「坂本誠志郎」の聡明なリードで勝利する。

「巨人1ー2阪神」 東京ドーム矢野が特別に眼をかけている「打率1割台」のチャンスで全くダメな「小野寺」がとうとう「3番」に抜擢された。これだけ打てない「小野寺」をあろう事か「3番」に据えるのだ。10日のヤクルト戦で、「無死1・3塁」の絶好機...
タイガース観戦記

「矢野監督」の哀れな妄執で敗戦。

「ヤクルト6ー4阪神」 神宮矢野監督に聞きたいことは次の2点である①キャッチャー「坂本」を使わない理由は何なんだ?なぜ、キャッチャーを坂本から梅野のスタメンに代えたのだ。昨日は、「坂本」の好リードで1失点に封じたのだ。特に1番塩見を抑え込ん...
タイトルとURLをコピーしました